世田谷発。株式投資とアフィリエイトで稼ぐ

株式投資情報を掲載。アフィリエイトにも挑戦。そのほか世田谷での動植物との触れ合いなども書き綴ります。



2010-06-04

伊藤園(2593):決算報告

 6月2日に公表された伊藤園(2593)の2010年4月期連結業績は売上高横ばい、営業利益17.3%増益、経常利益12.6%増益、純利益25.8%増益となった。売上高以外は期初計画を上回り、まずまずの決算であったと評価されよう。

伊藤園業績表

 食品市場全般は、依然続く価格低下傾向の中で、売上高は厳しいものの、シェア上位企業が価格を追わない姿勢を強めていること、原材料価格が一時期との比較で低下していることから、おおむね順調であった。しかし、その中にあって飲料業界は、巨大企業の戦いが依然続いていること、嗜好品であるため食品の中では不況に弱いことから、他の食品より厳しい状況にある。

 加えて、同社の得意分野である緑茶飲料、野菜飲料などの市場がここ数年縮小傾向にあることも逆風になった。その中で、同社は売上高が横ばいながら、二桁の増益を達成したことは、さすが伊藤園と見ることもできる。

伊藤園連単

 また、連結全体として見ると、主として国内の飲料事業中心に厳しかったわけであるが、子会社はかなり健闘したことがわかる。まず、米国伊藤園がいよいよ黒字化してきた。ただし、全体の業績を牽引するまでにはまだ数年を要しよう。飲料事業は数量効果が効く業界であり、黒字を確保した後は、当面収益拡大より、売り上げ拡大を優先させる戦略をとると考えられるためである。また、タリーズのコーヒーショップも順調である。同社の傘下に入ったことにより、好立地に出店できることが寄与している。

 国内飲料に関しても、タリーズブランドを活用したボトル缶のコーヒーが、大手コンビニに全面採用されるなど相乗効果が期待される。一方、米国伊藤園から弱輸入した「TEAS’ TEA」も新分野の開拓に寄与している。これらが、それぞれ緑茶、野菜に続くブランドとして育つ可能性が見えてきた。

 ただし、他の飲料会社と一線を画する独自性を構築し、着実な成長を達成する可能性は感じられるが、かつての成長性を考えた場合、物足りないものを感じるのも確かである。一方、緑茶飲料の過去の市場を考えると、かつての高成長は影を潜めたものの、拡大、縮小の波があり、3年連続の減少となっていることから、どこかで再び拡大してもおかしくない。

 また、緑茶飲料以上に波が大きいのが野菜飲料であるが、こちらも2年連続して市場が縮小しており、緑茶市場を上回る落ち込みを見せている。

 よって、この二つの市場が縮小傾向にあるうちは、堅調な業績を確保しつつ、どこかで反転したときには再び高い成長を達成するのではなかろうか。

 なお、同社は優先株を発行しており、EPSやBPSの計算が複雑であるため、バリュエーションも含めて、下の表に整理した。

伊藤園バリュエーション

(6/9追記:伊藤園の企業分析をスタートしました。深い分析に興味のある方はこちらをご覧ください。→第1回

 なお、当ブログには企業の決算報告や分析を掲載しています。最近の掲載銘柄について知りたい場合は、こちらをご覧ください。→最近の掲載銘柄目次

ブログランキングに参加しています。この記事が役に立ったと思った場合は、下のランキングバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

【追伸:無料メルマガのご案内】

 このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。また、このメルマガでは、アフィリエイトの入門的な解説も取り上げます。

 皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供しますし、しかも有料情報への誘導は一切ありません。
 申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。
メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト)。


テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

cherry100

Author:cherry100

書籍を出版しました。
クリックすると詳細を見ることができます。
書籍表紙
月次データを使って賢く稼ごう
月次データを賢く使って、株式投資で儲ける方法
当面の相場見通しと有望銘柄
株式投資がうまく行っていないあなたに
詳細な内容はこちらからご覧ください。
H&L企業研究クラブ

アナリストのノウハウを学ぼう
H&L企業研究クラブ

無料レポート差し上げます
詳細はレポート名をクリックしてください。
『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「クスリのアオキ(3398)の業績動向と株価の行方」

「投資タイミングに来た伊藤園優先株(25935)」

「躍進する外食企業フジオフードシステム(2752)」

「物語コーポレーション(3097)の当面の業績と株価動向」

「業績が劇的に改善する神戸物産(3038)」

「ディフェンシブ性が注目される食品株における亀田製菓(2220)の位置づけ」

「今話題のROE(自己資本利益率)とPERによる銘柄選択法」

「ソフト力で圧倒するホシザキ電機(6465)」

「回復の足音が聴こえ始めた加藤産業(9869)」

「依然業績好調なトリドール(3397)」

「久々に見直された大黒天物産(2791)の業績と株価の行方」

「サイバーエージェント(4751)の決算内容と株価の先行き」

「ヤオコー(8279)の強さの秘密と株価の先行き」

「月次データから買える消費関連株」

「月次の好調が続くトレジャー・ファクトリー(3093)」

「シェアアップで高成長軌道に乗るプリマハム(2281)」

「中長期の業績回復軌道に乗ったさくらインターネット(3778)」

「勢いよく回復に転じた三菱食品(7451)」

「海外収益の貢献度が急上昇するアリアケジャパン(2815)」

「総合スーパーの店舗閉鎖で恩恵受ける食品スーパー」

「ブランド価値向上で躍進するニトリホールディングス(9843)」




初心者向けの株式投資入門書を作成しました
詳細はこちらからご覧ください。
無料メルマガ申し込み
twitter URL
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 出会い