世田谷発。株式投資とアフィリエイトで稼ぐ

株式投資情報を掲載。アフィリエイトにも挑戦。そのほか世田谷での動植物との触れ合いなども書き綴ります。



2010-07-07

王将フードサービス(9936)

今回は、売られすぎた王将フードサービス(9936)に注目してみます。


このところ株価が大きく下げたきっかけは、6月の既存店が4%減2年11ヶ月ぶりにマイナスに転じたことです。ただし、これは7月3日付の日経の観測記事でして、会社公表はもう少し先になります。同社に関してはブログで5月14日に決算速報を取り上げ、去年の既存店伸び率が5月から高くなっているので、5月以降は伸び率が下がる可能性があると伝えています。また、既存店の伸び率が見込めない中では、新店出店のスピード化が必要としていました。
参照URL:http://cherry100.blog108.fc2.com/blog-entry-100.html

王将100707-1
(右のほうの隠れている部分を見たい場合は、上の表をクリックしてください。)

その時点の株価は2,372円で、PERは8.1倍でした。6月の既存店がマイナスという記事で大きく下げ、7月6日の引け値は2,022円、PERは6.9倍です。

ポイントは、今後の既存店動向と、減益になるかならないかでしよう。まず、既存店はやはり去年の動向に影響されます。去年は6月(25.9%)、7月(24.1%)、10月(25.2%)が高水準でした。去年の6月の数字25.9%と今年の-4%を加えた21.9%が2年前比の水準となりますので、仮にこの水準でずっと推移するとすれば、今後マイナスになるのは7月、10月だけです。

王将100707-2

加えて、6月はW杯で日本が活躍し、その時間帯はどこも閑古鳥でした。7月もW杯は続いていますが、日本は敗退しましたし、今後の試合は午前3時ですから、影響のない時間帯です。つまり、6月の4%減(これは確定数字ではないことには注意が必要ですが)だけ見た場合の印象ほど、実態は悪くないということです。

今期の業績ですが、会社計画の売上は6%増、営業利益は1%増です。最近の新店寄与は5%程度ありますので、計画の売上高は既存店が1%伸びれば達成できます。こう考えると、既存店4%減のニュースにしては株価が売られすぎたと言えます。これは、市場が今後マイナス幅の拡大を読んだ株価の動きではないでしょうか。

その印象の悪さも日経記事の書き方が、「11年3月期の既存店売上高は1.4%の増加を見込んでおり、7月以降も当面は反動減の影響が続く見通し。女性客や家族連れを常連客に取り込めるかが、成長維持の課題となりそうだ。」となっていることに影響されていると思われます。記者は最後、まとめようとして、大概当たり障りのない書き方をするものです。そのため、このような記事を読む場合、投資という観点からは十分な注意が必要となります。

去年来、業績好調にもかかわらず、株価が上昇しなかったのは、去年の伸び率が高かったので、いつかは悪くなるはずだという見方が背景にありました。まさに市場が考えていたようにマイナスになったわけですので、材料出尽くしとなってもおかしくはありません。

今の相場、状態がいい会社もなかなかゾーンを変えることは難しい状況です。むしろ、過剰に売られた場面で稼ぐこともひとつの手ではないでしょうか。

当ブログには企業の決算報告や分析を掲載しています。最近の掲載銘柄について知りたい場合は、こちらをご覧ください。
最近の掲載銘柄目次

ブログランキングに参加しています。この記事が役に立ったと思った場合は、下のランキングバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

【追伸:無料レポート差し上げます】
無料レポート「株式投資で資産を作る方法(35ページ)」を差し上げます。

レポートの詳細はこちらをご覧ください。→無料レポート詳細


テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 今回のご提案は上記のとおり、ずばり、  「200万円をたった3年で3100万円...
2010-07-08 17:40 :教えてあげたい
コメントの投稿
Secre

プロフィール

cherry100

Author:cherry100

書籍を出版しました。
クリックすると詳細を見ることができます。
書籍表紙
月次データを使って賢く稼ごう
月次データを賢く使って、株式投資で儲ける方法
当面の相場見通しと有望銘柄
株式投資がうまく行っていないあなたに
詳細な内容はこちらからご覧ください。
H&L企業研究クラブ

アナリストのノウハウを学ぼう
H&L企業研究クラブ

無料レポート差し上げます
詳細はレポート名をクリックしてください。
『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「クスリのアオキ(3398)の業績動向と株価の行方」

「投資タイミングに来た伊藤園優先株(25935)」

「躍進する外食企業フジオフードシステム(2752)」

「物語コーポレーション(3097)の当面の業績と株価動向」

「業績が劇的に改善する神戸物産(3038)」

「ディフェンシブ性が注目される食品株における亀田製菓(2220)の位置づけ」

「今話題のROE(自己資本利益率)とPERによる銘柄選択法」

「ソフト力で圧倒するホシザキ電機(6465)」

「回復の足音が聴こえ始めた加藤産業(9869)」

「依然業績好調なトリドール(3397)」

「久々に見直された大黒天物産(2791)の業績と株価の行方」

「サイバーエージェント(4751)の決算内容と株価の先行き」

「ヤオコー(8279)の強さの秘密と株価の先行き」

「月次データから買える消費関連株」

「月次の好調が続くトレジャー・ファクトリー(3093)」

「シェアアップで高成長軌道に乗るプリマハム(2281)」

「中長期の業績回復軌道に乗ったさくらインターネット(3778)」

「勢いよく回復に転じた三菱食品(7451)」

「海外収益の貢献度が急上昇するアリアケジャパン(2815)」

「総合スーパーの店舗閉鎖で恩恵受ける食品スーパー」

「ブランド価値向上で躍進するニトリホールディングス(9843)」




初心者向けの株式投資入門書を作成しました
詳細はこちらからご覧ください。
無料メルマガ申し込み
twitter URL
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 出会い