世田谷発。株式投資とアフィリエイトで稼ぐ

株式投資情報を掲載。アフィリエイトにも挑戦。そのほか世田谷での動植物との触れ合いなども書き綴ります。



世田谷発。株式投資とアフィリエイトで稼ぐ>> 株式関連情報 >> 書籍紹介:「投資は頭だ!」(大竹慎一)
2010-12-08

書籍紹介:「投資は頭だ!」(大竹慎一)

今回は知る人ぞ知る異端のファンドマネージャー大竹慎一氏の最新刊を紹介いたします。
氏の根本的な主張は、少なくとも私が交流を始めたこの20年来大きく変化しているわけではないが、その時々において警鐘の対象は変化して行きます。


今回の主張にはまず、中国脅威論、中国の高成長、元高は幻想であるということがある。また、日本経済の危うさと不動産価格のさらなる下落も論点となる。昨今の円高の背景に対する世間の考え違いを指摘し、改めて日本人の思考法のおかしさなどにも言及している。

どれも一般的な常識とは異なるものであり、多くの人には違和感のある内容と考えられる。しかし、氏が1980年代末のバブル崩壊以降、かねがね主張してきた都銀消滅論、日経平均4,000円、地価10分の1など当初多くの人々は冷ややかな目で見ていたが、時間の経過とともに現実味を帯びてきたことを考慮すれば、無視できない主張であろう。

さらに結論としては、その中でどう対処すれば、自分の身を守れるかについても論じている。

氏はファンドマネージャーであるが、その書籍はどれもその対象を株式投資に限っているわけではない。株式投資以外の様々な投資を初め、事業投資や一般の人々の生活にも深いかかわりを持つ事象を対象としており、それぞれに役立つものとなっている。

実際私自身、日本人とは全く異なる氏のものの見方、考え方から学び、私自身の資産形成、生活設計、職業選択に大いに活用してきた。また、経営者の中にも氏のアドバイスで危機を未然に防いだ方も多い。

本書の冒頭で述べているのは、2012年から2015年に大恐慌が来るが、その引き金を引くのは日本か中国であると述べている。

日本の問題点をずばり指摘しているのが、サービスレベルと賃金レベルのギャップである。まず、地方の公務員給与の高さが大きな問題となる。市民の平均年収200万円の地方で、公務員の50%が年収700万円以上というような状態が放置されてきたため、その改革が始まっている。

公務員同様、そのサービスレベルに所得水準が調整されなければならないのが、電力会社と銀行と指摘している。一部特権階級がサービスレベルと水準のかけはなれた所得を得ていたことによる破たんの構造はギリシアと全く同じである。

それら特権階級の給与同様、今後大幅な調整が必要なのは、土地価格である。特に地方都市の土地価格は半値以下になる可能性もある。そうなると、今不動産投資に妙味があるのは、逆にリスクを感じている本当のプロが手を出さないためと見ることもできる。


日本が大恐慌の引き金を引くかもしれないということに対しては、賛同する人もいるかもしれない。

一方、中国の高成長、元高は幻想であるという考えの日本人は少ないかもしれない。しかし、考え方はシンプルで、基本的にはかねてから主張しているように、計画経済の通貨は基軸通貨には決してならず、一部の富裕層のみが潤い、大衆が全く育っていない中国にはかつての日本のような高成長の実現はあり得ないというものである。


為替に関しては、消去法で円が買われているわけではなく、買われるべくして買われており、やがて1ドル60円、1ユーロ90円とも述べている。大国間の通貨の動きは過去の理論は当てはまらず、デフレの通貨が上がるものである。その点を世の中のエコノミスト達は間違っていると指摘している。


これらのことは、奇をてらって、結果的にはずすことが多い評論家のたわごとではない。

これまで、世間では誰も言わないうちから、次々と言い当ててきた大竹氏の話だけに、その背景は改めて確認しておく必要があろう。


むしろ、日本の常識は世界の非常識であることが多いのであるから。

そこで、世界の常識から見た考え方の基準を最後に示し、われわれが来るべき大恐慌に備えてどう対処すべきかを説いている。


改めて繰り返すと、株式投資を行う人は当然、為替、商品などの投資を行う人にも極めて有益な書籍であろう。また、事業を行っている経営者の方にもぜひ読んでもらいたいし、一般の方々にも真実に目覚めるきっかけを与えることであろう。





ブログランキングに参加しています。1日1回、下のバナーをクリックしていただけると、大変ありがたいです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

cherry100

Author:cherry100

書籍を出版しました。
クリックすると詳細を見ることができます。
書籍表紙
月次データを使って賢く稼ごう
月次データを賢く使って、株式投資で儲ける方法
当面の相場見通しと有望銘柄
株式投資がうまく行っていないあなたに
詳細な内容はこちらからご覧ください。
H&L企業研究クラブ

アナリストのノウハウを学ぼう
H&L企業研究クラブ

無料レポート差し上げます
詳細はレポート名をクリックしてください。
『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「クスリのアオキ(3398)の業績動向と株価の行方」

「投資タイミングに来た伊藤園優先株(25935)」

「躍進する外食企業フジオフードシステム(2752)」

「物語コーポレーション(3097)の当面の業績と株価動向」

「業績が劇的に改善する神戸物産(3038)」

「ディフェンシブ性が注目される食品株における亀田製菓(2220)の位置づけ」

「今話題のROE(自己資本利益率)とPERによる銘柄選択法」

「ソフト力で圧倒するホシザキ電機(6465)」

「回復の足音が聴こえ始めた加藤産業(9869)」

「依然業績好調なトリドール(3397)」

「久々に見直された大黒天物産(2791)の業績と株価の行方」

「サイバーエージェント(4751)の決算内容と株価の先行き」

「ヤオコー(8279)の強さの秘密と株価の先行き」

「月次データから買える消費関連株」

「月次の好調が続くトレジャー・ファクトリー(3093)」

「シェアアップで高成長軌道に乗るプリマハム(2281)」

「中長期の業績回復軌道に乗ったさくらインターネット(3778)」

「勢いよく回復に転じた三菱食品(7451)」

「海外収益の貢献度が急上昇するアリアケジャパン(2815)」

「総合スーパーの店舗閉鎖で恩恵受ける食品スーパー」

「ブランド価値向上で躍進するニトリホールディングス(9843)」




初心者向けの株式投資入門書を作成しました
詳細はこちらからご覧ください。
無料メルマガ申し込み
twitter URL
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 出会い