世田谷発。株式投資とアフィリエイトで稼ぐ

株式投資情報を掲載。アフィリエイトにも挑戦。そのほか世田谷での動植物との触れ合いなども書き綴ります。



世田谷発。株式投資とアフィリエイトで稼ぐ>> 世田谷暮らし >> 梅盆栽にチャレンジ(6):剪定、植替え
2010-03-09

梅盆栽にチャレンジ(6):剪定、植替え

 さて、いよいよ植替えです。まだ少し、つぼみもあるのですが、とりあえず植替えと部分的に剪定を行います。

 用意する用具は、こんな感じです。内容は前回の記事(3月7日)で説明していますので、そちらを参照してください。

盆栽目次





(なお、なぜかグーグルで検索すると「桜盆栽」で検索してもこのページ、つまり「梅盆栽」に来てしまうのですが、「梅盆栽」ではなく「桜盆栽もしくは桜の鉢植え」について知りたい方は、まず、盆栽目次を見てください。
 
用具類100308

 まず、木を痛めないようにして、鉢からゆっくりとはずします。根を見ると、やはりしばらく植替えをしていなかったようで、完全に詰まっています。そこで、根を痛めないように、わりばしなどで軽く突付いて古い土を落としながら、ホースで水をかけ、土を洗い流します。根を半分程度切り取りますが、特に太い根は丁寧に根元から切ります。
下の写真は縮尺の関係で作業前と作業後が同じように見えますが、かなり根を切っています。実際は、半分くらいになっています。

根100308

 最後にアルミの針金でしっかりと固定して、完成です。最初のうち、特に針金で固定する必要性も感じなかったのですが、風が吹いたり、ぶつかったりして鉢が落ちると、その都度緩んでしまって、結局根付きが遅くなるので、丁寧に針金で固定しましょう。

植替え後100308

植替え前100308

 下側には植替え前の画像を示しました。
 盆栽は小ぶりに育てる必要がありますので、今回は二ヵ所ほど枝を切りました。枝を切った後には癒合剤を塗って、切り口を保護します。ただし、木を痛めないように、一度にあちこちを切らず、何年かかけて、少しずつ好みの形にしていったほうがいいと思います。
 それと、下のほうの枝がやや幹に沿って上がっていたので、銅線を使って少しだけ幹から離すように整姿しています。やや堅い部分なので、無理をして折らないようにします。
 それと、前回もお話したように、本来は枝元に近い葉芽のすぐ上を切るのですが、昨年枝元に葉芽が来るように葉切りをしていないので、今年はとりあえず枝元にこだわらず、葉芽のすぐ上側を切っています。また、見てわかるように、まだ花も咲いていますので、残った部分は花が終わってから切ります。加えて、葉芽なのか、花芽だったのかわからないようなケースもありますので、そのような場合は少し時間をおいて、葉芽をしっかり確認してからその少し上を切ればいいでしょう。
 最後に、水をたっぷりとかけて、1週間程度は日影においておきましょう。これで一枝に葉が5、6枚になるまで、またしばらくは特にすることは無く、4月から10月まで、ときどき液肥や花木用の固形肥料を施します。


ランキングに参加しています。下のバナーを1日1回クリックしていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





盆栽目次

梅、さくら、五葉松、もみじ、さつきの育て方、剪定法、年間のお手入れスケジュールなどはこちら。

遊恵盆栽

盆栽の入手ならこちら。質問はメールでできますし、レスポンスも早く、アフターケアは万全です。



テーマ : 日記
ジャンル : アフィリエイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

cherry100

Author:cherry100

書籍を出版しました。
クリックすると詳細を見ることができます。
書籍表紙
月次データを使って賢く稼ごう
月次データを賢く使って、株式投資で儲ける方法
当面の相場見通しと有望銘柄
株式投資がうまく行っていないあなたに
詳細な内容はこちらからご覧ください。
H&L企業研究クラブ

アナリストのノウハウを学ぼう
H&L企業研究クラブ

無料レポート差し上げます
詳細はレポート名をクリックしてください。
『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「クスリのアオキ(3398)の業績動向と株価の行方」

「投資タイミングに来た伊藤園優先株(25935)」

「躍進する外食企業フジオフードシステム(2752)」

「物語コーポレーション(3097)の当面の業績と株価動向」

「業績が劇的に改善する神戸物産(3038)」

「ディフェンシブ性が注目される食品株における亀田製菓(2220)の位置づけ」

「今話題のROE(自己資本利益率)とPERによる銘柄選択法」

「ソフト力で圧倒するホシザキ電機(6465)」

「回復の足音が聴こえ始めた加藤産業(9869)」

「依然業績好調なトリドール(3397)」

「久々に見直された大黒天物産(2791)の業績と株価の行方」

「サイバーエージェント(4751)の決算内容と株価の先行き」

「ヤオコー(8279)の強さの秘密と株価の先行き」

「月次データから買える消費関連株」

「月次の好調が続くトレジャー・ファクトリー(3093)」

「シェアアップで高成長軌道に乗るプリマハム(2281)」

「中長期の業績回復軌道に乗ったさくらインターネット(3778)」

「勢いよく回復に転じた三菱食品(7451)」

「海外収益の貢献度が急上昇するアリアケジャパン(2815)」

「総合スーパーの店舗閉鎖で恩恵受ける食品スーパー」

「ブランド価値向上で躍進するニトリホールディングス(9843)」




初心者向けの株式投資入門書を作成しました
詳細はこちらからご覧ください。
無料メルマガ申し込み
twitter URL
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 出会い